c02

こんにちは!

How to 工具 第6回目の更新です。

本日は塗装に使う「刷毛」についてです。

 

★刷毛とは

塗料・ニスなどを塗る道具です。

 

★特徴

・刷毛は、他の塗料道具に比べ手軽に扱いやすいです。

・塗料を厚くも薄くも塗ることができ、仕上がりの良さは一番です。

 

hake

 

★用途

水性用…塗料離れのよい化繊を主流とした刷毛で、乾燥が早い水性塗料も塗装しやすいです。

油性用…腰の強い馬毛などが主流で油性塗料をよく含み、よく伸びて塗装しやすい刷毛です。

ニス用…毛先の細かい毛材を使用し、刷毛目を残りにくくしてあります。滑らかで塗装しやすい刷毛です。

 

★毛材の選定について

山羊毛…刷毛材料の中では比較的多く使用されています。毛が柔らかいので刷毛目が残りにくい、塗料含みが良いなどの特徴があり、主にラックニス、合成樹脂塗料を塗る刷毛に多く使用されています。

馬毛…毛質が適度に硬く塗料の含みが良いので、粘り気のあるペイント用・トタン用・油ワニスを塗る刷毛に多く使用されています。

豚毛…毛質が太く、腰が非常に強い割に毛先は軟らかいのが特徴です。粘り気の強い塗料、エポキシ・接着剤の塗布、ダスター刷毛に多く使用されています。

化学繊維…PP(ポリプロピレン)、PBT(ポリブチレンテレフタレート)、ナイロンが主流で水性塗料を塗る刷毛に多く使用させています。化学繊維の毛表面が、水性塗料を固着しにくいためです。

混毛…毛を混ぜる事により、それぞれの特徴を活かして毛腰の調整や塗料含みを調節し、より使いやすい商品に仕上げたものです。

 

★刷毛の使用方法

・新しい刷毛を使用する前に手でよくもみほぐし、浮き毛(抜け毛)を取り除いてください。

・塗料は、毛先から2/3くらいのところまで含ませて使用すると塗りやすいです。

・有機溶剤につけたままにすると、根元の接着剤が溶けて毛が抜けてしまいます。

・回りを傷つけずに細かいホコリ・ゴミを取り除く使い方もあります。

 

 

それでは今回はこの辺で!

次回「How to 工具」は溶接面についてです。

更新まで今しばらくお待ちください。

  • 全国どこでもお買い上げ金額5,400円以上で、送料無料
  • DIY女子部

ページトップへ

お支払い方法

■クレジット決済

ご使用できるカードは下記のとおりです。

クレジット決済

■代金引換

代引手数料はお客様負担でお願い致します。
代金引換は30万円(税・手数料込)までの商品に限らせていただきます。
代引手数料は下記の通りです。

代金引換

■銀行振込

三菱UFJ銀行
※振込手数料はお客様負担でお願い致します。

送料について

全国一律648円

6.480円(税込)以上のお買いもので送料無料!

※大型商品やメーカー直送品など別途、直送配送料金が発生する場合があります。
※一部離島については別途送料が必要となる場合があります。

配送について

【配送時間帯について】

注文時に配送時間指定が可能です。


注文時に配送時間指定が可能です。


※交通事情等により指定時間内にお届けできない場合があります。
予めご了承くださいませ。

【運送会社】・ヤマト運輸株式会社・ゆうパック

キャンセル・返品について

ご注文をお受けしてから14日以内にご入金が確認できなかった場合は恐れ入りますが
ご注文をキャンセルとさせていただきます。

返品について、初期不良、汚損、破損、相違(弊社の商品送り間違い)以外につきましてはお受けいたしかねます。

営業時間・お問い合わせ先

【営業日】

休日…土曜、日曜、祝日
ご注文は24時間受け付けておりますが、土曜日曜祝日のご注文は翌営業日のご連絡、順次ご発送となります。


【営業時間】

月曜~金曜 9:00-17:00(電話受付)


【連絡先】

ご注文、サービスに関するお問い合わせは…

株式会社岩田産商 通販事業部
tel:046-837-3241
fax:046-833-7851
e-mail: info@iwatasanshou.co.jp

※モバイルからご注文いただいた場合、ドメイン指定をされておりますとメールが届かない事がございますのでご了承ください。